電話代行業者を利用すれば仕事が捗るようになる

  1. ホーム
  2. スケジュール管理を効率化

スケジュール管理を効率化

カレンダー

生産計画の試算にも活用可

扱う商品や業種による違いはあっても、企業では複数の社員が互いに協力し合いながら1人1人に与えられた役割を果たしています。各社員に与えられたこの役割はタスクとも呼ばれ、1日のスケジュールの中で1つ1つのタスクが時間帯ごとに設定されるのが一般的です。こうしたスケジュール表も以前であれば手書きのシステム手帳で各人が管理していましたが、IT技術の進歩した現在ではパソコンなどの情報端末で管理されるようになりました。グループウェアの一機能にスケジュール管理が含まれる場合もあれば、独立したスケジューラーでタスクを管理している例も少なくありません。このようなスケジュール管理ツールが手書きの手帳と比べて優れているのは、自分だけでなく他のメンバーの予定も簡単に確認できる点にあります。チーム内でメンバー間のスケジュールが随時確認できれば、誰かが急病や急用でタスクが実行できなくなった場合でも他のメンバーに振り分けることができます。高機能のスケジューラーではタスクの優先順が設定可能なため、優先度の高いタスクから先に消化していくようスケジュールを変更するような操作も自由自在です。スケジューラーは単なるスケジュール管理ツールとしてだけでなく、工数管理などの目的にも活用されています。特に製造業やソフトウエア開発などの現場では与えられた人員と納期を基に工数計算をした上で、リーダーが1人1人のメンバーに対してタスクを割り当てるのが普通です。その際にスケジューラーを利用して複数パターンをシミュレーションすれば、最善の結果が出せるスケジュール割り当てを見つけられるのです。多機能化が進むスケジューラーの中には、スケジュール登録と同時に会議室・施設の予約から経費申請まで設定できる製品もあります。そのようなスケジューラーを有効活用することで予約ミスや申請ミスが防止され、日常業務の潤滑油としても機能するようになるのです。