電話代行業者を利用すれば仕事が捗るようになる

電話代行で業務を合理化

女性

大事な電話をもらさず取る

少数精鋭で事業に専念している企業や個人事業所にあっては、会議の真っ最中や外回り中などに会社あてに電話がかかってくると応対できないことがあります。しかしそれが緊急の用件だったり仕事の依頼の電話だったりした場合は、大事な情報やビジネスチャンスを失ってしまうおそれがあります。こうしたリスクを避けるには、電話代行業者を利用すると便利です。電話代行の仕組みは、転送サービスを活用することにあります。電話に出られない状態の時、自社の電話に必要な設定をしておくと、かかってきた電話が電話代行業者の許に自動転送されます。するとオペレーターが代わりに電話を取り、会社名や個人名を名乗って応対します。本人が電話に出られない状態であることを告げ、メッセージを預かり、折り返し連絡先とともに記録を作成します。通話終了後、その内容はメール等で随時報告されます。電話代行業者ほぼ全社に係る基本的な使い方はこの通りですが、業者ごとに独自のサービスを手がけているケースもあります。固定電話には出られないが携帯電話なら大丈夫という場合に、内線をつなぐようにしてかかってきた電話を携帯に転送するといったサービスがその一例です。また、オペレーターにあらかじめスケジュールを伝え、相手から訊ねられた時はその場で答えてもらうようにカスタマイズすることもできます。さらに、通信販売などを営んでいる企業等にあっては、電話代行業者を注文や問い合わせ対応のために活用することも可能です。

カレンダー

スケジュール管理を効率化

企業では社員の1人1人に対してタスクを課し、各社員はそのスケジュール通りに日々の業務を消化しています。スケジューラーと呼ばれるスケジュール管理ツールを利用すれば、メンバー間の複雑なタスクも簡単に調整できます。製造業などの分野では、スケジューラーが生産計画のシミュレーションにも有効活用されています。

ネットワーク

組織力を向上させる

自社の組織力を向上させる、グループウェアは導入に際して、いくつか選定ポイントがあり、十分に吟味する必要があります。特に最近では、試用版もありますので、選択した製品を使ってみて、自社に合うかどうか評価するのも良い方法です。

レディ

選べる会計サービス

財務会計システムは月次の損益計算と決算申告に対応したソフトで、汎用性が高いのが特長です。近年ではクラウド会計サービスもシェアを伸ばしており、自社のスタイルに合った会計システムを選択することができるようになっています。